<   2018年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧


第92回 7月(文月)マテバシイのドングリと 環境フェアのイラスト

大柏川調節池緑地の入り口付近などに、マテバシイが何本も植えられている。今の時期、今春の出来たての赤ちゃんドングリと2年目を迎えたものと、両方が同時に見られるのが楽しい。つまり、マテバシイは、年子状態を毎年続けていることになる。この位置関係がそのまま1年間の成長量となるわけ。
b0199122_20125532.jpg

2年目を迎えたドングリの穂は、先端が大きいものもあれば、元のほうがデカイのもある。万遍なく一斉に太らせるにはかなりの栄養補給を必要とするのだろう。秋になった頃に、その後の育ちぐあいを確かめなくちゃという気になると、足繁くここに通うことになりますね。

葉っぱだけを見ると、タブノキとの区別がつきにくく、よく似ている。でも、冬芽の形が違う、そこから噴出するように出る新芽の姿がまるっきり違う。何から何まで、違うことだらけ。

マテバシイは、大昔から千葉県にあったのだろうか? あなたはどう思います? 昔は「のりひび」にも使われていたらしい。この展示、歴史博物館に紹介されています。

常緑樹だから地表に木洩れ日も届かない。厚い葉が茂ったこの木の下では地際に光が届かずに暗くなり、下草が生えにくい。大雨が降ると、表土を直撃することになり急斜面の崖地では、課題もあるとか。今の時期、緑のドングリはまだ丸い。やがて、どんどん先に伸びて砲弾型になる。マテバの意味は、九州地区の方言に由来するらしいが、意味不明と図鑑には載っている。

船橋の環境フェアでは、話題のヒアリの写真に添えて、塗り絵用のイラストが置かれていた。実物もまだ見たことないし、そもそもアリの仲間を間近に見たことなんてなかった。実物の大きさは、最大で6ミリ程度らしい。イラストの説明には親切にもカナがふってあった。「ゼンシンフクセツ」「フクエイ」などという用語も初めて見た! どの部分がどの程度に赤いか、色鉛筆で塗ってみるとよくわるようになる!

b0199122_08442217.jpg

ついでに、10年前に谷津干潟で頂いたアオサギのイラストも紹介させていただこう。発見者らしき人にその一部始終のお話を聞きました。望遠鏡で見ていたら、アオサギがアカエイをつかまえた! ところがデカ過ぎて、飲みこめない。つかめえられたアカエイだって、命がけ。かなりの時間がたって、やっと飲み込んだという。「どのくらい時間がかかりました?」「アオサギの胃って、どうなっているんです」などと質問。こういう時って、時間なんて記録できないんですよね。

それにしても、アオサギのイラスト、うまく描けています。動物の体の線って、ちょっとした感じで全く似なくなってしまう。逆光線で見るカモのシルエットで、的確に種名をいう人もいらっしゃるのが驚き! 

ヒアリについては情報が少ないので、ちょっとだけ解説しておこう。そもそもの原産地は、ブラジル、アルゼンチン、パラグアイの3国の国境付近のパラナ河の流域。1930年代にブエノスアイレス港から輸出された木材にまぎれこみアラバマ州に侵入したという。日本への侵入は、20175月に、尼崎市のコンテナから見つかったのが始まり。

ヒアリは、一つのコロニーに1個体の女王がいて縄張りを保っているとされていた。中国南部の広州の過密地帯では、数メートルごとにコロニーがあり、地下トンネルでつながっている場合もあるという。雑食性のヒアリは、大豆やトウモロコシなどの農業被害も甚大。また、寒い時期の越冬場所として、電気設備の周辺にかたまり、配線をかじって大規模停電を起こし、この経済的損失はアメリカ合衆国で年間5000億円に相当するという報告もある。

今までのところ、化学薬品メーカーと連携した根絶作戦はことごとく失敗しているのだそうだ。毒性と攻撃的な行動から、侵略性外来種といわれる由縁。日本だけの問題ではないし、静かに収まってくれることを祈るばかり!


[PR]

by midori-kai | 2018-07-20 08:48

各市の環境フェアをハシゴ 大柏川調節池緑地を散策   高 野 史 郎

東地方は、6月末に梅雨明けしたらしい。最近は、記録をとり始めて以来という豪雨などの新記録が頻発しているからか、気象台も用心して「・・・と思われる」などの頼りない表現を使う。今年もまた、熱帯夜で寝苦しい夜が続くのだろうか。雨が適度に降ってくれることを、七夕様にお願いしよう。

6月は環境月間とかで、今年もまた数か所の環境フェアをハシゴした。もう30年ぐらい続けている自分の中の恒例行事。その間の移り変りや、地域ごとの取り組み方の違いをつい比較したくなったりする。市民へのアピール方法は? 参加団体の違いや集まってくる人たちの表情などもいろいろ。

21回ふなばし環境フェアは、船橋駅に近い中央公民館から、今年は三番瀬海浜公園にある環境学習館で実施された。当日は朝からの曇り空、そして雨が降り出した。人が大勢来てくれるかどうかと気がかりだった。会場へは、市役所から1時間に1本の無料シャトルバスも運行されていた。

参加団体は、市の環境政策課や危機管理課などのほかに50ほどの環境系市民グループや大学・高校など。若い人たちが熱心に解説してくれるのは、いつもながらご苦労様! 最近はどこでも一方的な文字による解説だけではなく、ゲームや実験、クイズなどの出題も目立っている。地球温暖化や生物多様性のクイズなどに参加したり、アンケートに記入する場所はどこも人だかりがしている。

各市の展示解説などで今年目だったのは、マイクロプラスチック関連が増えたこと、外来種問題ではカミツキガメの展示などが登場していた。環境政策課では、ヒアリのぬり絵を子どもたちにすすめていた。

今回初めて見たのは、アルミ缶クラフト。チョウやクワガタ、折り鶴などの型紙を見ながら作る「切り折り紙」。どこの誰が考え出したのだろうか? 屋外出店のグループや野鳥観察会などは、せっかく準備を重ねたのに、雨天で残念だったことだろう。

館内を一巡してから、三番瀬を眺める海へ出た。潮干狩りのシーズンも終わって人出もなくクロマツやススキ、アシなどが梅雨空の下にひろがっていた。いずれまた、3.11以来の海浜植物のその後を調べに出かけるとしよう。

625日には、市川みどり会の宇佐美会長に誘われて、「美し国づくり大賞」表彰式・シンポジウムにでかけた。会場はいつもの霞ヶ関ビル。設立10周年を記念して今回は水に焦点を絞り、多数の応募の中から選ばれたのは下記の団体。いずれも特定非営利活動法人。

★「命の水をありがとう 水の輪、人の和をつなぐふるさとづくり」 うちぬき21プロジェクト 

愛媛県、標高1982mの石鎚山を背にし、二つの断層に囲まれた地域で、鉄パイプを入れた自噴井戸がある。水道はなく「うちぬき」で生活できる「人の輪の情景」をみんなが大事に育てている。弘法大師が見つけたという「弘法水」を背負ってお返しお礼の登山で山頂まで運んだ。石積みの棚田がある。杉林が竹林になっていく中で、竹取物語の実行委員会を平成23年に作った。一人10本の目標で500人募集した「いのちの森づくり」には、750人が応募してくれた。

「自然と遊び・楽しみ・育む」   里山環境さなざわ(真澤)

群馬県の月夜野町、棚田を保全し荒地をビオトープ化して生物多様性を育む。古代米、そば、まこもだけ、しいたけ、山野草など。「教える」―田植え、稲刈り、動植物を育て栽培する。「交わる」―下流の人たちとも仲良く。子ども達とみんないっしょに。「季節を感じる」― 雪、新緑、ヤマザクラ、実りの秋。太い土管を使っての炭焼きなど。昭和29年のユネスコのみなかみエコパークの活動とも連携して活動を進めている。

受賞者の記念講演から・・・やっている本人たちが楽しんでいないと、人は寄ってこない。都会のまねをしたってだめだ。地域の風景・習慣を大事にしていきたい。面白く楽しめよと、みんなで伝えていこう。人口は減っていくけれど、中味はその分だけ濃くなっていく。などなど。

進行は、この会の理事長でもある進士五十八先生が担当された。長年のキャリア豊富な情報で、有意義で楽しく、極めてスムーズに進められた。

遠路はるばるこの授賞式のために集まられた人たち。かなりの高齢そうなのに皆さん笑顔で元気いっぱい。行政の人とか、会社の役員とか、お坊さんとか、多彩な人たちがこうした活動を支えつなげていることを実感させられた。

4月末からの「市川の緑地を知る体験教室」では、「花と緑の市民大学」の延長線上の市内緑地を、管理を担当するスタッフの方々に案内していただいた。市川市も結構広い。北のはずれや江戸川の向こう側へは最近あまり足を運んでいない。大柏川沿いの調節池緑地へもしばらく見ていないのが気になって、急に出かけてみた。晴れ上がって風が強く、暑い昼下がり。

外周に沿った道には各種の郷土樹種と呼ばれる木本類が植えてあって、それをじっくり眺めたいというのが今回の趣旨だった。古くからの樹林地は、かなり高く成長していて、身近に枝の出方や葉の状態を確かめられなくなってしまっている。ここならまだそれほど高く育っていないから、どんな木が植えてあるのか、確かめてみたいとずっと思っていた。

市川大野駅すぐ近くには、万葉植物園があるが、なんともせまく、かなり刈り込まないとジャングルになってしまいそうなのが痛々しい。

ここ調節池のビジターセンターのすぐ脇には、ネムノキのピンクの花がちょうど見頃だった。ラッキー!という気分になる。マメ科は大所帯だが見かけの花の構造は大違い、ネムノキ科を独立させるか広義のマメ科のほうがいいのか、専門家でも未だに意見が分かれている。花から実へ、じっくり追いかけてみたいと思っていたのがここで確かめられそうだ。

コナラ、クヌギ、イヌシデ、スダジイ、マテバシイ、タニウツギ、タブノキ・・・。東葛地域の基本的な樹種が勢ぞろいしているとはありがたい限りだ。まだ育ち盛りの年頃で、枝下高も低い位置なのがうれしい。

10年ぐらい前は、多様な水草やカヤツリグサ科の植物が次々と現れては消えていった。ここへ来ると、石井信義先生の執念と岡﨑清孝さんの事を思い出す。アシやガマの細い葉が風にそよぐ。「ザワワザワワ」という歌が聞こえてくる。月に1度ぐらいのペースでここに通う気になれば、今まで見過ごして来た数々の新発見が期待されそうな気がしてくる。

市川市中部に残された水と緑の貴重な敷地を、もっと多くの人に伝えていかないともったいない!どういう仕掛けができるのだろうか?



[PR]

by midori-kai | 2018-07-20 08:43
line

市川市の山林所有者が集まり、自然景観【里山緑地】を守る会です。地球温暖化や樹林地とのつながりを考えています。


by midori-kai
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31