第85回12月(師走)「きのこワンダーランド」

《イラストの説明》

b0199122_08264761.jpg

千葉県立中央博物館では、12月27日まで「きのこワンダーランド」の展覧会を開催しています。入場料は一般が500円、ただし65歳以上の人は証拠の品を持参すれば無料です。

常設の展示をまだ一度もご覧になっていない方は、1日がかりで是非! 博物館のその先には、生態園もあります。さらにその横には、青葉の森の公園が広がっているという盛りだくさんの地域です。

それにちなんで、だいぶ前に信州へ出かけた時の、キノコのイラストを登場させました。

山へ行ってキノコに出会うと、必ず聞かれるのが「このキノコ、食べられる? それとも毒ですか?」そして子どもたちは、すぐに足で蹴っ飛ばして壊してしまうのが残念無念!

キノコの名前を聞かれたって、よく名前を知らないものが大部分です。食べられるかどうかの区別だけでなくて、生態系の中でのキノコ類の位置づけ、短く楽しい話を身につけたいものだと思い続けています。この世に、キノコ類がなかったら、ゴミの山で大変なことになるんですよ。

b0199122_08271067.jpg

山へ行ってキノコを採ったら、必ず長年そこに暮らしていて、毎年キノコを食べ、しかも今も元気なお年寄りに、選び出して貰いましょうね!

日本列島には、何千種ものキノコが生えています。成長と共に姿かたちが変化して間もなく崩壊する。その下には「シロ」と呼ばれる菌糸の塊がある。

何十年か前には、キノコが植物の一分野とされていましたが、大違いです。もっと、キノコのいろいろを、楽しく調べることにしましょうよ。

キノコの名前は、全国区ではなく、地方区の選挙みたいといった人がいました。地域ごとに呼び名が違い、お料理方法にも地域の文化があるのだそうです。育つ環境によって、形も味も違うらしい。

キノコの世界は、不思議にみちあふれています。



[PR]

by midori-kai | 2017-12-21 08:35
line

市川市の山林所有者が集まり、自然景観【里山緑地】を守る会です。地球温暖化や樹林地とのつながりを考えています。


by midori-kai
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31