第72回 11月(霜月)葉っぱクイズのスダジイと 「かおり」

図鑑の説明では、スダジイの葉は「全縁だが葉の上部には鋸歯がある」などと書いてあるものもある。葉っぱクイズでは、スダジイを鋸歯があるうちに区分したけれど、なんとも心配になって、スダジイが茂っているところのあちこちを、何回も確かめ歩くことになってしまった。
今まで見てきたスダジイの葉っぱは、全縁で、鋸歯がないものばかり見ていたような気がしていたので・・・。
b0199122_7331136.jpg

花の構造が環境の変化を受けにくいのに対して、葉は大きさなどの変異の幅が広いから分類の基準にはし難いといわれる。葉の裏側の色も金茶色が濃いものもあれば、殆ど薄緑で茶色がかっていないものもある。
強剪定された生垣のスダジイで鋸歯がはっきりしているのみつけて、ちょっと安心した。スダジイのイラストの右上の葉がその一例。
 もう一つのイラストは、9月末の八幡回遊展の際にコンサート会場で頂いたニホンナシの「かおり」。直径が12㎝もある立派なものだった。ナシの花は品種によって花びらが5枚ではないものもある。ナシ農家の方々は、花で区別がつくらしいが、葉っぱだけでも品種がわかるのだろうか?
 花の違いは、来春に確かめることにして、とにかく「かおり」の葉っぱだけでも描いておこう!
b0199122_734595.jpg

 それから半月ほどたって、市川駅南口のロータリーで、ヤマナシが植え込まれているのが目にとまった。この苗、どこで仕入れて、誰が仕掛けて植えられたのだろう? それを気にしていたら、なんと大洲防災公園のバラ花壇の横にも植えられていたのを発見した。まだ若木で、花は咲かないのかもしれない。
 野生種のナシは、世界に10種ほどあるといわれているが、山中でのニホンヤマナシの花盛りの風景など、残念ながら写真でしか見たことがない。とりあえずは、野生種と栽培種の違いを、比較のために原寸で並べて描いてみることにした。
なお、水木洋子邸には、チュウゴクナシの鴨梨(ヤーリー)が植えられていて、4月上旬に花が咲く。        
[PR]

by midori-kai | 2016-11-08 07:34
line

市川市の山林所有者が集まり、自然景観【里山緑地】を守る会です。地球温暖化や樹林地とのつながりを考えています。


by midori-kai
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30