《 震災の現状 》

b0199122_23161323.jpg

・陸前高田市には震災から55日後に入った。何の音もしない不思議な静けさ。サイレントスプリング!
・杭根のあるアイアカマツは強かった。被災地で残ったのはアイマツ。
・現地では30年ほど前から植生調査などをしていたが、植物の塩害や再生能力など、それまでの常識とは違った結果を知ることもできた。
・塩害でヤブツバキが枯れた。今まではかなり強いといわれていたのに。
・反対に、ケヤキは全部浸かった所で夏に新芽が出てきた。ハマナスも砂にうずまったのに強かった。
・オニグルミは復活してきた。マダケも5か月経って再生した。イネ科は全般に強い傾向がある感じ。
・ソメイヨシノが予想よりも強かった。片親のオオシマザクラの影響かも。

・1本松は、2か月後に再生計画が出てきた。(すぐに排水工事などをすれば、助けられたかもしれないが震災直後はそれどころではなかった。船頭さんが多くて方針を決めにくかった事情もある。
[PR]

by midori-kai | 2012-03-20 23:16
line

市川市の山林所有者が集まり、自然景観【里山緑地】を守る会です。地球温暖化や樹林地とのつながりを考えています。


by midori-kai
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31