<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧


第35回 7月(文月) イワガラミ クロマツ ガクアジサイ

イワガラミ
b0199122_5561339.jpg

 アジサイの仲間のイワガラミ 倉渕の雨に打たれて咲いていた。
ツルアジサイに似てるけれど、白い花びらみたいのは1枚だけです。

【浜離宮写真3枚】
b0199122_6103620.jpg

「300年の松」 歴史を積み重ねて、奥のほうから通路側にたくさんの枝が伸びる・伸びる!
b0199122_5571130.jpg

「沈没しそうなクロマツ」 満潮になると、枝先は海水に浸かる、前は石垣。
根っこはどっちへ伸びている?
b0199122_55862.jpg

「ガクアジサイの向こうに高層ビルが並ぶ」50年前はなかった風景、50年先のこの庭園の風景は?
[PR]

by midori-kai | 2013-07-21 05:58

雨の日も楽しく! 群馬の山奥と 日本庭園へ!   高 野 史 郎

最近のお天気、急に局地的に大雨が降って、災害を引き起こしたりする。でも、6月から7月にかけての1か月半ぐらいは、梅雨ということになっていました。雨の中で咲くアジサイがきれい。この時期、薄暗くうっとうしい空模様だから、白い花・薄紫の花が人目につく、昆虫にとっても目立つからお互いにありがたいということらしい。
6月下旬、群馬県の山奥・倉渕へアジサイを見に行ってきました。折からの大雨、人影も見当たらない林の中で、昔ながらのヤマアジサイや、蔓性のイワガラミが杉木立にしがみつき、舞い上がるように咲いているのを見るのはいいものです。夕暮れになるとちょっと怖いくらいに静か。
時々振り返って、後ろから誰もついて来てはいないことを確認したりします。案内標識に、引っかき跡がついていたのを見つけたからです。
これは人間のイタズラではなさそう。ぬれねずみ状態?の熊さんが、追い越して通り抜けようにも道がせまくて困っているのではないか?という気配を感じるのです。

この前後に、いくつかの日本庭園を久しぶりに見物しました。外人観光客にガイドをしている素敵な熟女に“日本の庭園を、歴史のことばっかりではない説明をしてほしい”と頼まれたので。
水道橋駅から近い小石川後楽園は、水戸の黄門様とゆかりのある回遊式の築山泉水庭園です。狭いながらも高低差があって、見え隠れする風景の展開が夢多く楽しい。春のシダレザクラ、秋のモミジの頃がしのばれる。でもでも、青葉若葉をちょっと過ぎた落ち着いた緑の、木の種類によって違う緩やかなグラデーションもオツなものだ、と歩きながら感じたのでした。
浜離宮へも行きました。新橋駅から近かったはず。でもユリカモメという新式の電車には乗ったことなかったから、冥土の土産に乗ってみようということで、たった一駅だけ乗って下界を見下ろし、汐留駅まで。
ここは海水を庭の中に引き入れて、潮の干満によって趣に変化を持たせたのが特色として知られています。水上バスが止まる。パンフレット片手に持った人が次々と降りる。昔、将軍様が利用したという船着場のすぐ近くに。
風格がある感じに、横枝を伸ばしたクロマツの木々が印象的でした。垂直線を避けてデザインしたのでしょうね。
庭園の周囲は高層ビル。この庭園が作られた頃には、まったく予想しなかった風景に取り囲まれているわけです。海とは反対側の常緑樹の茂みは高さが15mはありそう。車の騒音をさえぎる役割を背負い込んでいるのも、時代の流れなのでしょう。
ここで奇異に感じたのは、見物客の行動です! 案内書を持って、音声ガイドを耳に差し込んで、ポイントに従って、その通りに回る人がけっこう多いのに気がつきました。
あれって、枝にそよぐ風の音も、鳥の声が聞こえない。たぶんガイドの中身は、「ここはかつて将軍家鷹狩りの場で・・・浜屋敷と呼ばれた時代もあった・・・」などとテープが流れるのでしょうね。あんたの感受性は、どうなっているの? っていいたい気分になりました!

庭園の解説書を何冊か読んでいて、面白い記事にぶつかりました。銀閣寺などで知られる白い砂の紋についての珍説? 大名屋敷にスパイが侵入するのを防ぐためというのです。
でも、忍びのプロはその上を考える。歩くたびに後ろの足跡を消していくという。柳生流忍術の奥義を極めた美和という「くの一」は、もっとすごい。
逆立ちで、両手を握って指先で歩いたというのです。次の日の朝、砂紋の乱れを見つけた主人は「あれ?犬が入り込んだかな」といったとか。

林の中をゆっくりと、楽しみながら歩きましょうよ。木の種類によって、枝ぶりも幹の模様も、葉の形もみんな違うのが不思議。常緑樹と落葉樹では林の下の明るさが違う。太陽を求めて、枝が伸びる。
大量の水を地面の下か吸い上げて、葉裏からそっと吐き出す。世の中、不思議・ふしぎ。
[PR]

by midori-kai | 2013-07-21 05:48
line

市川市の山林所有者が集まり、自然景観【里山緑地】を守る会です。地球温暖化や樹林地とのつながりを考えています。


by midori-kai
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31