<   2013年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


第33回 5月(皐月) ジャガイモ

ジャガイモ
b0199122_87841.jpg

b0199122_863680.jpg

ジャガイモの新芽以外の部分は、芽が育つための栄養貯蔵庫です。
卵と比較すると、分りやすいですね。
ヒヨコになるのは、黄身の真上の胚の部分だけですよ。
戦争中は、食糧難の時代でしたから、
ジャガイモを植える時も、新芽の部分だけをクサビ型に小さく切って植えて
残りの芋部分は食料にした!
         そんな辛い時代もあったのでした!
[PR]

by midori-kai | 2013-05-05 08:39

ジャガイモだって 春に目覚める!    高 野 史 郎

今年はサクラの開花がヘンだ、と先月に原稿書きました。ソメイヨシノが早く咲いた。別の花も、それに引きずられるように、次々と早く咲いていったのでした。
フジの花や、ボタンは、ゴールデンウィークに咲いてくれるものと信じていたのに、その頃には散り始めてしまいそうな気配。でも、寒の戻りはなさそうなのがよかった。
昔は、ジャガイモだって霜が下りるのを警戒しながら、4月中旬に植えようか、もう少し辛抱して待つかと悩んだのでした。どうやら、このまま順調に、春たけなわから、初夏の季節へと移り変わっていきそうです。
春早く咲くのは、黄色の花が多い。木ではサンシュ・マンサク・ロウバイ、草花では菜の花。でも、紫の花も多いですね。花ダイコンなどとも呼ばれるショカッサイ、ムラサキケマンにホトケノザ。これからは、梅雨に向かって白い花が目立って多くなっていきます。

我が家の居間に飾ってあるのは、観葉植物などに混じってデンドロビュームなども。エアコンは夏冬ともに殆どスイッチ入れたことないけれど、夜中でも電気がついていたりして、昼と夜の時間の長さがまちまち。こういう環境って、植物にとってはかなり迷惑なことなのだろうと気にしています。
そんな思いの最中に、しばらく見ていなかった冷蔵庫の奥を覗いてビックリ! 食べ忘れたジャガイモがいくつかあった。それがなんと、真っ暗闇の4℃の野菜部屋で、ビニール袋の隙間から芽を伸ばして、モヤシになって20cmにも伸びていたのです。
ジャガイモの、芋からの発芽温度って何度なのだろう? 休眠期間が終われば、温度に関係なく芽を伸ばすものなのか? 芋それ自体は、梅干お婆ちゃん状態(これって、差別発言かな?)。モヤシ状態の新芽の先は、不思議な形に膨らんでいる。これは葉っぱのもとなのか、あるいはお芋になる予定の膨らみなのだろうか?
謎は深まるばかりです。幸いにも、台所に転がって、ボルシチで食べた残りのジャガイモがいくつかがある。これで比較実験してみよう。そう思い立ちました! 
梅干ジャガイモは、モヤシの先端を切り詰めて鉢植えに。少しずつ光に慣らそう。比較のために転がってちょっとだけ芽を出しているジャガイモを、鉢植えと水栽培とに。20日間経過。
梅干ジャガイモは、暗い青春時代に疲れ果てたのか、根を出しそうもない。哀れあわれ。
湿ったティッシュで包んだ水栽培状態のジャガイモは、根をたくさん伸ばした。下へ伸ばした根と、横に伸びるのとの違いがはっきり判る。鉢植えしたものは、茎を伸ばし・葉を開いて、いかにもジャガイモらしい感じに。
水道水を勢いよく出して上の方の土を除いてみたら、これは根がすごい。ここでも真横に伸びるジャガイモ進行形と思われる地下茎が目立つ。(もっとも、サンプル数が少ないから、いつでもこれと同じになるとは限らない!)
ジャガイモ、原産地はアンデス山系の標高4000mの高冷地です。小野蘭山さんはその著書(1807)で、馬の首に付ける鈴の形から馬鈴薯と考えて紹介した。けれど牧野富太郎先生は、中国名は「洋芋」で、「馬鈴薯」はまったく別の植物だから、ジャガイモを馬鈴薯というのは大間違い!とかなり怒っていらっしゃいます。
ともあれ、いったん栽培植物として品種が確定されると、形や性質にバラツキが出ては困るから、芋から芋へと、いわゆるクローンとしての無性繁殖で、100年以上も続けられてきたというわけです。
「クローン」は、ギリシャ語で小枝という意味。この芋の部分、植物学的には根ではなく、茎のかたまりで、塊茎と呼ばれます。サツマイモの方は、茎の変形したものではなく貯蔵根で、こっちは「塊根」です! 
さてさて、鉢植したジャガイモは、たぶん順調に育ってくれることでしょう。問題は水栽培状態の方です。水道水だけで育つはずはないから、薄めた化成肥料などをやったらいいのか、水草じゃないのだし、水中で芋ができるはずもない。時々は覗き見してみたいし。
これから先、どう実験を進めるかを思案中です。
[PR]

by midori-kai | 2013-05-05 08:05
line

市川市の山林所有者が集まり、自然景観【里山緑地】を守る会です。地球温暖化や樹林地とのつながりを考えています。


by midori-kai
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31