<   2012年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧


9月 第25回 川上善六翁 遺徳碑(市川梨の産みの親)

b0199122_550565.jpg

[#葛飾八幡宮の参道、市民会館前に川上善六さんの解説板が新しくたてられたの、ご存知ですか? デカイ石碑があるのですが、文字の刻み方が浅くて風化されて、ほとんど判読不可能。そこで新しく遺徳を偲ぶ解説を、市川市農業青少年クラブがたてたのだそうです。
b0199122_629589.jpg

善六さんの生まれは、寛保2年(1742)。市川のナシ栽培の元祖です。
それにしても、市川に「農業青少年クラブ」があること、全然知りませんでした。創立50周年の記念事業だそうです。いっそうのご活躍を期待しています!(高野史郎)
(由来説明)
千葉の梨栽培は「市川の梨」から始まった
{市川梨の起源}千葉県の梨栽培の産みの親とも言える川上善六は市川市八幡に(字を猛慶と号し、寛保2年(1742年)1月3日に生まれ、文政12年(1829年)5月9日87歳の高齢で亡くなられております。)生まれました。

川上善六は幼児より書を好み、学識に富んでいたので農業の傍ら、手習師匠もしていたというから、当時の知識人だったのでしょう。特に殖産興業に熱心で、八幡地方が砂地であるところから、どんな作物が適するかを探していたようです。諸国漫遊を試み、たまたま美濃の国大垣辺りで梨栽培を見て関心を高めたようです。ここの土質が八幡地方に似ていることから、梨栽培が八幡でも出来るのだろうかと思い、その枝をもらい受け、旅の道中に枯れないようにと大根に挿して持ち帰り、今の八幡神社の付近に接木苗を植えたそうです。
接穂はうまく活着して3年後に結実しました。その梨を美濃梨と名づけて江戸神田の青果物問屋に持参して好評を得ました。その頃八幡村は蔬菜栽培が中心でしたが、収入が良い物ではなかったのでたので、江戸の評判を聞いた村人は先を争って梨の樹を探して梨畑を作ることに専念したようです。その為、享和の頃には梨畑もだいぶ増え、神田市場への出荷も増えていったようです。

この梨は非常に高価なので神田市場の店頭では毛氈を敷いて梨果が痛まないようにしたといわれています。文化の頃になると青果問屋の遠州屋長三郎が八幡梨を一手に売り捌くことにし、幕府の御用達や諸侯にも納入したので名声は挙がる一方だったといわれています。そして、現在も市川梨として東京市場において一番銘柄として、プライスリ-ダ-として全国の梨を牽引しています。これが市川梨の起源とされています。(宇佐美)
[PR]

by midori-kai | 2012-09-16 06:25

恨めしい青空、9月のいつまで酷暑が続く?

今日もきれいな青い空、それが恨めしくなるほど雨が降りません! まとまって大雨が降ったのはいつだったか、と記憶にも残らないくらいずっと前のことのような気がします。
根の浅いツツジやアジサイなど、道端の植物たちは息も絶えだえのようすです。まとまって沖縄を大型台風が直撃するのではなく、願わくばまんべんなく各地に、何十ミリかの雨を降らして欲しいと願うことしきりです。
少し前の時代は、6~7月の梅雨と、9月前後の秋の台風と、関東地方には降水量の多いピークが二つあったはず。
昔は梅雨だって、しとしとと、小ぬか雨みたのが降り続いた。9月1日が確か二百十日。立春から数えて210日目で、この頃が中稲(なかて)のイネの開花日にあたるところから、農家にとっては厄日として警戒したのが由来だったはず。
今年の梅雨って、いつ始まって、いつ終わったのかもすっきりしない。気象庁も「関東地方の梅雨は終わった模様です」などと、頼りない宣言をするようになった。
もう二百十日も二百二十日も、死語になってしまいましたねえ――などと追憶の念に浸りながら、青空を見上げる毎日です。“雨あめ 降れふれ もっと降れ!”と歌ったのは、八代あきさんでしたっけ?

生きものにとって、水は生命線。動植物の7割近くは水分だといわれています。でも、水分に関する常識は、ものすごく様変わりしました。半世紀前、水を飲むと汗が出て疲れるから、ガマンして水を控えるようにいわれた記憶がある! 肉体訓練、困難に耐える精神を育てようという時代の要請もあったのでしょうか? 
それがいつの頃からか、水分はこまめに飲むのが熱中症対策の常識となった。水筒の需要は、増えたのでしょうか? まち行く人、本は持ってなくてもペットボトルだけはみんな持っている。たとえ忘れても、どっかに自動販売機があるし、コンビニのない街はどこにもないと信じている。

動物は水を求めて何十キロもの旅をするらしい。年季を積んだゾウなどは、遠い記憶の中の、水のあった場所を覚えていて、砂嵐の砂漠の中を、そこに向かって、集団を率いて「死の行軍」をするという映像も見ました。つらいですねえ。
日本列島の秋は、寒くなってきたから落葉する(とみんな信じている)。落葉の前のひとしきりのフィナーレが素晴らしい紅葉。
でも赤道直下の熱帯雨林から、南北にちょっとずれた地域は、夏緑林になります。雨季と乾季がある。温度は高くても、乾季になって雨が降らないから葉を落として、休眠状態になる。何か月か辛抱すれば、雨が降る季節がまた訪れることを信じきっているんでしょうか?
日本の夏は、いつからこんなに猛暑になった! どうしてひと雨降ってくれないんでしょうか。植物は動けない。だから、下へ下へと根を伸ばして、毎日固いアスファルトの隙間の水分を、吸い上げていることになります。固い道路の下に、水分がどこにあったのでしょうか?
光合成は、ご存知のように地下から吸い上げた水と、空気中の二酸化炭素を使って炭水化物を作る! でも、光合成に使う水分の100倍近くもの水を毎日吸い上げて葉っぱから蒸散させている。だからアスファルトの道が50℃・60℃と熱くなっても、葉っぱは涼しい顔をしていられるというわけです。
その植物たちが、今年はのきなみピンチです。植物たちは、条件が悪くなると自動的にリストラをして必要ない部分から切り落とすことになる! 人間社会でいう「仕分け」を大昔からやっていた。ここで、古い葉に見切りつけるか、先端を切り捨てるかの判断が厳しいですねえ!!!
将来への可能性だけは大事に守りたい! 秋の落葉樹は、「冬芽」という形で、来春を待つ方針にして葉を落とした。さて、今の街の中の植物たちは、この酷暑と乾燥というダブルパンチの悪条件をどういう方針でリストラしていく? 先端は枯らしたくない、休眠状態でいつまで辛抱が続く? 

ひと雨降って、乾ききった大地に水がしみこんで、それを吸い上げて、どこまで水分が上っていかれる? 植物の水や養分の上り通路が「道管」です。いわばライフライン。ナントカ生きているか、途中までしか水が上っていかれないか?
その時、新芽が茎のどこから出てくるか、見守るしかないのがつらいですね。
地球温暖化などという、なまやさしい状態ではありません。酷暑進行中です! こういう状態は、今年限りなのか、加速度的に続くのか、考えるだけで怖ろしくなってしまう。熱い・厳しい夏です。
[PR]

by midori-kai | 2012-09-16 05:45
line

市川市の山林所有者が集まり、自然景観【里山緑地】を守る会です。地球温暖化や樹林地とのつながりを考えています。


by midori-kai
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30