<   2010年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


第4回12月 ハリギリ

b0199122_16023.jpg
ハリギリ
イザナギ神社のハリギリ、見に行ったことありますか?
北総線の北国分駅からすぐ。デカイです。胸高幹周が3m、高さが20m。県内最大かもしれない。
花の状態・葉の形を手にとって確かめたいのに、見上げるばかり。
仕方なく、根元の落ち葉と実を拾って描きました。
晩秋になると、黄色から茶色とシックに変身して冬を迎えます。
ヤツデやタラノキと同じウコギ科。そういわれると親しみが深まりますね。
天狗さんが持っていたのは、ヤツデの葉っぱか、シュロか、このハリギリかもしれないなどと、
まちの噂はいろいろ、でも、目撃証拠はありません!
[PR]

by midori-kai | 2010-12-02 06:42

紅葉の色もいろいろ そして お正月へ

市川でのモミジの名所は、なんといっても大町の自然観察園。
12月始めまで、土日などは大変な賑わいです。でも、中山の法華経寺周辺とか、里見公園の奥などもモミジがきれい。
その気で探せば、市内のあちこちで紅葉が楽しめます。
紅葉がきれいになる条件は、昼間の日照、そして夜の冷え込み。
しかし、霜にあたってしまえばいっぺんに縮んで、ダメになってしまうというデリケートさ。
毎年の紅葉の色具合と時期は、このところの天候異変で年ごとに違うようです。
5年ほど前の弘法寺で、正月飾りに紅葉がいっしょに見られるという不思議な景色もありました。
葉が赤くなるから、紅葉。では、イチョウの黄色の葉っぱ「黄葉」? これも「こうよう」なのか、それとも「おうよう」が正しい発音か、悩ましいところです。コナラなどは茶色になる。 
「茶葉」という言葉はなさそうですから、みんなまとめて「紅葉」にしちゃいましょうか。
                     ★
赤い葉っぱの主流派は、カエデ科カエデ属。北半球を中心に世界に200種ぐらい。
千葉県では基本的な野生種が5種(といってしまっていいのかな?)。変種扱いがいくつかある。
それに園芸品種が何百とあるんです。
元禄時代(1700年前後)にブームがあり、「地錦抄」などが出版されています。

モミジとカエデはどう違う?
これが実は難問です。語源的には、カエルの手みたいな形で蛙手→カエデ、そして赤く染まるのが「もみずる」→モミジ。だから結果として「モミジ=カエデ」なのに、切れ込みの深い・浅いなどでの習慣的な使い分けもある。
「草もみじ」といえば、高山植物などの秋の装い! 葉っぱの形から、モミジカラマツ、モミジイチゴ、モミジガサ・・・などの植物名もありますね。
モミジの仲間でのおなじみは、「イロハモミジ」。お手元の図鑑で、種名のカナ書き表示をお確かめあれ! 京都では、高雄が紅葉の名所なので、同じものを「タカオカエデ」と呼んでいます!
ヒマラヤも、ジンギスカンさんも、最近は現地現名主義とかで、地元での使われ方・発音を優先しています。だから、図鑑も、発行所が東京か関西かで、違うのかもしれませんよ。地元の植物を写真に撮り、イラストを描く材料にしているからです。(すると、標準和名って何なのさ!) 
モミジの仲間は、5月ごろに花が咲いて、やがてプロペラ型の実になる。典型的な風散布で、風に飛んで分布を広げます。
高等植物の分類は、花の形から区別しています。葉っぱの形だけでは、何科に属するかわかりづらい。
あの、スエーデンの植物学者Thunbergさん(1743~1828)もモミジの分類を勘違いしていたときがあった。(ここで、横文字を使ったのは、ツンベルグとチェンベリー、表記が二通りあるからです)。
日本のモミジ6種を紹介した中に、カクレミノとハリギリが入っている。
葉っぱだけで見当をつけ、年間の移り変わりを確認していなかったのかも・・・。
あ~ア、重い話にしてしまってごめんなさい。でも、偉い人でも、間違えることがあるんだ!と思うと気が楽になりますよね。
                     ★
紅葉は、斜めからの光、逆光線で見るといっそうきれいです。胸がときめきます!!
真っ赤ばかりでなく、黄色へのグラデーション、そしてバックにある常緑樹の濃い緑や茶色など、多彩な木々たちの、それぞれの装い、多様性を楽しんで欲しい。
日当たりの具合で、暖かさも微妙に違う。時には青空を見上げましょうね。
風はどっちから吹いて、落ち葉はどこまで飛んで行く?
自然観察園のモミジ山は、人の踏み圧で地面が固くなってしまうのが、実は悩みのタネです。
植物の根は、呼吸もしているんですから。大勢来て賑わってくれるのはうれしいけれど、自然の林の足元のふわふわ具合、心地よさとはまるで違ってしまうのも事実です。

市川だって広いんですよ。日常生活のあわただしいテンポ?ではなく、人ごみを避けて、あなただけの散歩道を見つけて欲しいとも思います。
カレンダーも残り1枚だけになってしまいました。もういくつ寝ると、お正月
[PR]

by midori-kai | 2010-12-02 06:36 | みどりの道を 散歩しましょう!
line

市川市の山林所有者が集まり、自然景観【里山緑地】を守る会です。地球温暖化や樹林地とのつながりを考えています。


by midori-kai
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31